浮世離

憂き世を離れて一時息をするための場所です。好きなことしか書きません。自分好みの書棚を作る気持ちでいます。

もう決して

もう決して誰のものにもならないように。誰も自分の一部にしたくならないように。固く心に誓っているのに。世界が微笑みかけてくると、ぐらりかたむきそうになる。あなたと私がまざりあうのは本当はとてもこわいこと。わかってるはずなのに。