浮世離

憂き世を離れて一時息をするための場所です。好きなことしか書きません。自分好みの書棚を作る気持ちでいます。

血の味

f:id:lunapark7:20151126004134j:plain
昨日久しぶりに外を走ったら、走り終わったあと、口の中に錆びた鉄の味がして驚いた。

乾いた空気で喉の粘膜を痛めてしまったみたいだった。しかしとくに血が出るわけでもないけど、なかなか消えない。初めて喉で感じる血の味はとても新鮮だった。

ほんのすこしの変化でも、身体は敏感に反応する。普段私の脳が支配してるような気になってる身体は、実は正に自然そのもので、少し負荷がかかっただけで、全然脳の思った通りになんからならない。

身体で起きることは私たちの想像を越えてる。

そんなことを思って、私の全身を巡っているであろう血の味を確かめた。