浮世離

憂き世を離れて一時息をするための場所です。好きなことしか書きません。自分好みの書棚を作る気持ちでいます。

出町ふたばの豆大福


f:id:lunapark7:20160620073606j:plain



f:id:lunapark7:20160620073627j:plain



出町ふたばといえば、京都のおいしいもの特集などで、必ず見かける。
京都でも並ばないといけないと聞いて、観光で行ったときには諦めた。

近くのデパートで、催事に出町ふたばが出店すると聞いて、足を運んでみた。売り出し時間は3時の予定だったが、1時に着いたらもう随分、人が並んでる。

近くのご婦人と情報交換しながら並び、1時間後やっと手にいれた。

家でお茶をいれて、ゆっくり食べる。餡は甘さが控えめで、豆はしっかり固く塩がきいていて、皮は羽二重餅のようにふんわりしっとりのびやかだった。大きさは小ぶりだけど、食べた満足感はしっかりある。しかし、二個食べても、不思議と味に飽きず、また美味しく食べられる。もともとあまり和菓子が好きではなく、大福に興味がなかったのに、この大福は違うと思った。最大のポイントは、甘さが控えめで、さっぱりした食べ心地であることかなと思う。

大福はあまり食べないという人におすすめしたい。