読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浮世離

憂き世を離れて一時息をするための場所です。好きなことしか書きません。自分好みの書棚を作る気持ちでいます。

目に染みるほどの緑が溢れてる

何もできないうちに過ぎ去っていく
あなたの無意識的な微笑みに
世界で一番安心してしまうわたし
名前も知らないのに今この瞬間だけなのに
あなたの微笑みはわたしを優しくさせる
あなたの真珠色の手指を引っ張って
ここから出ようって言えたら
そしてあなたがやさしく笑ってくれたら
最高なのに