浮世離

憂き世を離れて一時息をするための場所です。好きなことしか書きません。自分好みの書棚を作る気持ちでいます。

山姫に

山姫にちへの錦をたむけても散るもみぢ葉をいかでとどめむ

この藤原顕輔のうたがぴったりくるほど、気前よくさらさらと散り落ちる紅葉。
燃え立つような赤と輝くような黄と。
どうあがいても散ってしまうものは留めようがなく。儚く抗いようがないことは、やはり生きているということなんだろう。

ついでに言うと、葉の転がるカラカラという音を聴くと、いつも中原中也の骨という詩を思い出す。