浮世離

憂き世を離れて一時息をするための場所です。好きなことしか書きません。自分好みの書棚を作る気持ちでいます。

水底の石

膝に気の早い朝顔が咲いた。

水色のレンズの向こうにのぞく世界を見ている。

大体白く煙っていてよく見えない。

明るい光は網膜に突き刺さるし、脳が痛む。

紅い花がぽたりと一つ落ちて、手首を桃色に染めた。

水に沈んでいく手首を見た。

白い指が優雅にピアノを奏でた。

紫の花。紫の花。

暁が死んだ夜に誰かが月を齧るのだろうか。

月はパックリと薄紅色の口を開くだろう。

目は見開いている。

でも何も見ていない。

目は閉じられたままだ。

落ちたばかりの星はまだ暖かく、ほんのりと輝いていた。

白い紙に包んで静かに川に流した。

大きな百合の花のようにゆっくりと揺らいでやがて沈んだ。