読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浮世離

憂き世を離れて一時息をするための場所です。好きなことしか書きません。自分好みの書棚を作る気持ちでいます。

幻燈

全部なかったことなのかもしれないけれど、時々思い出す。

その習慣だけが残っている。

 帰宅途中、空を見上げると、桜色と空色が橙に溶け合って沈んでいくのが見えた。

それらは絡まりあって、やがて銀色の水盤となり、漆黒の闇に浮かび上がるのだろう。

やはり、西方には極楽浄土があるような気がしてくる。

鼻の先が冷たくなって、冬のにおいがしている。

風に髪を弄られて、夜が来るのを感じる。

ふとあなたがここにいたらどう感じるのだろうかと考える。

空を染めるのは夕焼け。

肌を透かしてみる血の色のようだ。

暖かく、白く、柔らかい女が流れていく。

空はそれからサファイヤを燃やしたような色に変わり、乳白の月が昇って、花びらの香りを振りまきながら、夜を深める。