浮世離

憂き世を離れて一時息をするための場所です。好きなことしか書きません。自分好みの書棚を作る気持ちでいます。

一番青い水窟

深く潜る
積年の碧の堆積の中に
深く泣く
光の柱数知れず立つ中に
珠と浮かぶ沫を
深い水底から眺めて

石灰岩に刻まれた言葉
それはあなたの遺した傷の痕
儚く脆い岩肌に
確かに残る傷の痕

深く潜る
音の亡い世界へ
深海魚も棲まない冥府の暗がりへ