浮世離

憂き世を離れて一時息をするための場所です。好きなことしか書きません。自分好みの書棚を作る気持ちでいます。

薔薇とナイチンゲールとひよどり

力をなくした時、サアディのこの詩を思い浮かべることがある。

 

「花瓶の薔薇がそなたに何の役に立とう
わが薔薇園から一葉を摘みとれ
薔薇の生命はわずかに五日か六日
わが薔薇園は永遠(とわ)に楽しい

―サアディ「薔薇とナイチンゲールとひよどり」

 

始めてこの詩を読んだ時、本当の豊かさとはこういうことかと感じた。

そして、永遠に楽しいではなく、永遠に美しいと、誤読した。

美しい薔薇園を心の内に持つ人は、一葉摘み取られたくらいでは、なんでもない。

それはしっかりと根を張り、美しい緑の葉を持ち、蕾を満々とつけているのだから。

そして季節が巡ってもまた同じように蕾をつけ、芳香を漂わせる、美しい花を降らせる。

薔薇の命は短くとも、薔薇園は永遠なのである。